化粧品許可 成分行政書士 無料相談
トップページ 会社概要 ご依頼の流れ 最新事例 問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


化粧品許可 成分
化粧品許可 成分

「化粧品」は、あくまでも「人体に対する作用が緩和なもの」に限られます。

そこで、薬事法では、化粧品の配合成分に関する規制を設け、
化粧品に入れてはいけない成分や、配合分量に制限がある成分等を定めています。

この化粧品の配合成分に関する規制は、「化粧品基準」に定められており、
その中には「ネガティブリスト」と「ポジティブリスト」の2つのリストが挙げられています。

まず、「ネガティブリスト」とは、<配合禁止成分リスト>のことで、
防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素以外の成分が対象>の規定です。

具体的には、以下のように定められています。

化粧品許可 成分

【対象】防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素以外の成分
 医薬品成分は原則として配合禁止。
 全ての化粧品について配合を禁止する成分(別表第1)
 例)塩化メチレン、過酸化水素、クロロホルム、ジクロロフェン、
   ホウ酸、メチルアルコール 等
 全ての化粧品について配合量の制限を設定した成分(別表第2)
 例)サリチル酸フェニル−100g中の最大配合量は1.0g 等
 化粧品の種類又は使用目的により配合の制限を設定した成分(別表第2)
 例)エアゾール剤に配合されるジルコニウム−配合不可 等
 化粧品の種類により配合の制限を設定した成分(別表第2)
 例)粘膜に使用されることがある化粧品に配合される
   タイソウエキス−100g中の最大配合量は5.0g 等

次に、「ポジティブリスト」とは、<配合可能成分リスト>のことで、
<防腐剤・紫外線吸収剤・タール色素が対象>の規定です。

具体的には、以下のように定められています。

 化粧品全般について配合量の制限を設定した成分(別表第3、別表第4)
 例)フェノール−100g中の最大配合量は0.10g
   サルチル酸−100g中の最大配合量は0.20g 等
 化粧品の種類によって配合量の制限を設定した成分(別表第3、別表第4)
 例)粘膜に使用されることがある化粧品に配合されるクレゾール−配合不可 等
 タール色素については、配合可能な種類
 ※医薬品等に使用することができるタール色素を定める省令
  (昭和41年厚生省令第30号)第3条規定準用


詳しくは、こちらの「化粧品基準」をご参照下さい。

この「化粧品基準」は、国内化粧品はもちろん、
海外から輸入する海外化粧品にも適用されます。

日本と海外では薬事上の規制が異なる為、
化粧品に配合が認められている成分にも違いがあります。

日本で海外化粧品を取り扱う場合は、
日本の薬事法が定める禁止成分・配合制限成分が含まれていないかを、
事前にきちんと確認する必要があります。

海外の製造メーカーから成分表(「フォーミュラ」)を入手して確認するのはもちろん、
商品についてもサンプル等を入手し、実際に成分分析を行うことををお勧めします。

化粧品許可 成分

化粧品許可 成分

化粧品許可 成分
化粧品許可 成分